読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 やりたいことリスト

シンプルライフ シンプルライフ-2016年やりたいことリスト

ミニマリストブログ ミニマムライフ ミニマリスト 持たない暮らし 今年の抱負

 

現時点の2016年にやりたいことをリストでまとめてみました。

 

 

  1. 早起きをして日の出もしくは朝日を浴びる
  2. 深呼吸・腹式呼吸を意識的にする
  3. 自分でマッサージをできるようになる
  4. 午前中は家のこと、午後は自分への投資として時間配分にメリハリをつける
  5. 音声を毎日流して、聴く習慣をつける
  6. よく噛むく
  7. 外食を控えて(特に週末)、家で料理がしやすいようにしておく
  8. ヴィーガン料理に興味があるので、調べて取り入れてみる

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

⒈ 早起きをして、日の出もしくは朝日を浴びる

 

平日はほぼ家で過ごすことが多いので、普通の人より陽の光を浴びていないです。

そのため、毎日日の出もしくは朝日を思いっきり浴びて

体と気持ちをリセットさせたいと思います。

ここにプラスして、ラジオ体操もして体を動かしたいと思っています。

 

 

⒉ 深呼吸・腹式呼吸を意識する

 

呼吸は体にとってとても大切で、呼吸が浅いと体が酸化したり

病気になりやすかったりと、いろいろ不調がでやすくなりそうです。

 

私自身、呼吸が浅いことが多いと自分で気になるときがあるので

意識して、腹式呼吸で深い呼吸をしたいと思っています。

また正しい呼吸法には、リラックス効果も高いので

積極的に取り入れていきたいと思っています。

 

 

⒊ 自分でマッサージできるようになる

 

我が家は夫婦共々、腰痛や坐骨神経痛持ち。

最近では特に主人は肩こりもひどく、とても痛がっています。

主人は仕事柄改善のしようがないため、少しでも和らげてあげたいので

マッサージ力を高めたいと思っています。

 

また、自分でマッサージをできるようになれば

自分自身のメンテナンスもしやすくなるので、今年こそは絶対につけたい力です。

 

 

⒋ 午前中は家のこと、午後は自分への投資として時間配分にメリハリをつける

 

日中は家で一人で作業をしていることが多いので、時間配分も私自身。

そのためメリハリが付けずらくなっていました。

 

時間は有限でありとても貴重なので

きちんと自分で管理しコントロールできるようにしたいと思っています。

また、午後の自分への投資への時間はきちんと確保し

2016年の自分をもっと高めていきたいと思っています。

 

 

⒌ 音声を毎日流して、聴く習慣をつける

 

これは、自己投資の時間にしたいこと。

毎日聴く習慣をここでつけたいです。

 

 

⒍ よく噛む

 

よく噛まずに食べてしまうので

今年は意識して30回は噛むようにしたいと思っています。

 

 

⒎ 外食を控えて(特に週末)、家で料理をしやすいようにしておく

 

料理は比較的好きな方ですが、どうしても主人が休みの週末は

料理をしたくなくなります。

お出かけをすると特に家で何もしたくないのでそのまま外食、という流れに。

金曜日あたりに週末の分として、下ごしらえや作り置きをしておき

料理のハードルを低くして、家に帰ってきてもやりやすいようにしておきたいです。

 

 

⒏  ヴィーガン料理に興味があるので、調べて取り入れてみる

 

もともと和食や精進料理が好きで、興味があり

いろいろ調べているうちに「ヴィーガン」という言葉を知りました。

ヴィーガンとは、簡単にいうと動物製品を使用しない生活使用。

 

我が家は夫婦どちらもお肉も乳製品も大好きなので

一切取らないということはなく、ただ取りすぎている分を減らそうと考えています。

 

「捉われすぎない」何事でもこれが大切だと考えています。

 

ヴィーガン料理のレシピを見てみると、とても美味しそうで意外と簡単にできそう。

今年はヴィーガン料理に挑戦してみて、少し取り入れてみたいと思っています。

 

 

最後に

 

こうしてリスト化してみると、2016年がとても楽しみになってきました^^

無理なく自分を縛りすぎないように、でもしっかり一歩一歩進んでいけるよう

このやりたいことリストを中心に、挑戦していきたいと思っています^^

 

 

スポンサーリンク

 

 

 (↓応援クリックしてくださると、励みになります。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ