読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のだったモノが、誰かの大切なものになるのは嬉しい。

ミニマリストブログ ミニマリスト女性ブログ ミニマリスト主婦ブログ 持たない暮らしブログ シンプルライフブログ 少ないもので暮らすブログ 身の丈の暮らしブログ 身の丈の生活ブログ 断捨離ブログ ミニマリスト持ち物 ミニマリスト部屋 二人暮らしブログ ミニマリスト二人暮らし 夫婦二人暮らしブログ シンプルな暮らしブログ 丁寧な暮らしブログ シンプルな暮らし シンプルライフ ミニマムライフ ミニマムな生活 ミニマリスト シンプルライフ ノマドライフ ノマド生活 何にもない部屋 すっきりした部屋 モノがない部屋

 

先月帰省したときに、家族から聞いた祖父の話で

素直に「嬉しいな」と思ったことがありました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私の生徒手帳を大切にとっている祖父

祖母が片付けをしている時、私の中学生時代の生徒手帳が出てきたそうです。

捨てようと準備していたところを、祖父が見つけて

「これは捨てちゃいけない」と言ったそうです。

 

私自身、すっかり処分したと思っていたので

あったことにビックリ。

 

それを聞いた私は、「捨てて良かったのに」と思いましたが

祖父は、「これは”おくま”の中学生時代の写真だからまだとっておきたいの」と

大切にしまったそうです。

 

それ聞いて「捨てて良かったのに」と思っちゃった自分が少し恥ずかしくなりました。

しかしそれと同時に、それほどまで大切にしてくれたのが嬉しかったです。

 

 

誰かの大切なモノになるのは嬉しい

私にとっては、すっかり「処分したモノ」だと思っていましたが

そうじゃなかった。

 

祖父にとって「大切なモノ」になっていました。

今でも大切にしてくれていて、たまにその学生手帳を眺めているそうです。

 

これが本当に嬉しくて。

すごく愛されているんだ、と実感できたことでした。

 

 

私にとって、ずっと忘れない大切なことになりました

最近、認知症と診断された祖父。

調子が悪い時は、ほとんど寝て過ごすことが多くなりました。

 

小さい頃は、たくさんのところに遊びに連れて行ってくれて

たくさん昔の話を聞かせてくれた祖父。

 

少しづつ歳をとり、認知症になった今

いずれ、私のことも忘れちゃうかもしれませんが

こうして私の学生手帳を大切にとってくれていたことは

私は死ぬまで忘れることがないでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

すっきり暮らす

少ないモノで暮らす

ミニマリストになりたい

持たない暮らし

シンプルライフ

 

(↓応援クリックしてくださると、励みになります。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ